カメラの選び方

キヤノンが同社のデジタル一眼レフの底を受け持つ、エントリー機のEOS Kissシリーズと、Kissシリーズと基本部分を共有し、操作系をミドルレンジ機寄りとした4桁ナンバー機の一新を図ってきました。

これだけだと、年次更新の ...

カメラの選び方

シグマの独創的なミラーレス一眼sd Quattroシリーズに、発表当時から登場が予告されていた、APS-Hサイズセンサー搭載のsd Quattro Hが遂に発売されました。

発表当時の予告通り、ギリギリではありますが201 ...

カメラの選び方

スマートフォンのカメラですら2000万画素を超える高画素機がザラにある中、カシオから驚きのコンパクトデジカメが登場しました。

今どきまさかの「約190万画素」センサー搭載のカメラです。

桁をタイプミスしたわけで ...

カメラの選び方

これまでキヤノンには本当の意味での本気のミラーレス一眼がありませんでした。元々EOSのミラーレス一眼は、デジタル一眼レフのほうのEOSへの導入の機種といった位置づけで、機能・性能的にはエントリークラスの機種が多くなっています。 ...

カメラの選び方

キヤノンのミラーレス一眼EOS Mシリーズは、当初キヤノンがあまりミラーレス側には力を入れず、一眼レフの方のEOSへの導入用の機種と位置づけていたこともあって、純正レンズがなかなか揃いませんでした。

今でもまだまだレンズの ...

カメラの選び方

キヤノンのEOS 5Dは比較的一般的なユーザーでも手の届く35mmフルサイズセンサー搭載機として初代機が登場して以降、キヤノンのこのラインのカメラの主役を張り通してきました。

そのEOD 5DシリーズもMarkIIIが登場 ...

カメラの選び方

写真のジャンルには通称「動きモノ」などと呼ばれる、移動する被写体を狙う写真もあります。走っている列車を狙う鉄道写真であったり、飛行機の撮影であったり、あとは、外で遊んでいる子供さんや運動会の写真などもそういうジャンルに含まれますね。

カメラの選び方

デジタル一眼レフの世界は中位以上の機種はメインが徐々に35mmフルサイズセンサー機に移行しつつあります。APS-Cサイズセンサー搭載機はそれ以下の入門用、低価格用に限定されそうな流れがありました。

ですが、キヤノンがEOS ...

カメラの選び方

今回はデジタルカメラを安くお得に入手する方法を紹介しますが、その前提になっていることが一つあります。

それはここ数年でデジタルカメラ自体が製品としてとても成熟したものになったことです。このため新製品が出ても以前ほどの大きな ...

カメラの選び方

捜し物をしていたら、押し入れの奥の方から面白いカメラが出てきました。12年前の、当時ではハイエンドと思われるデジカメのキヤノンPowerShot Pro1です。

久々に電源を入れて撮影してみたところ、これが思いの外しっかり ...