レンズの仕様は型番・製品名を見るだけである程度わかる ~ペンタックス編~

2017年12月2日

PENTAX リミテッドレンズ 超広角単焦点レンズ HD PENTAX-DA15mmF4ED AL Limited ブラック Kマウント APS-Cサイズ 21470

ペンタックスは色々な意味でカメラについてとても真面目に取り組むメーカーですが、そのブランドの性格がレンズの製品名にも現れているように思います。

すごく生真面目にレンズの製品名も命名されていて、他メーカー以上にレンズの名称だけで多くのスペックが読み取れるネーミングルールになっています。

今回はペンタックスのレンズ名から、レンズのスペックを読む方法を説明しましょう。

対応するセンサーサイズの違い

ペンタックスは長らくデジタル一眼レフはAPS-Cサイズセンサー搭載機だけでやってきました。それがK-1の発売で状況が変わり、遂に35mmフルサイズセンサー搭載機も一緒に販売される形になっています。

この関係でレンズも35mmフルサイズ対応レンズかどうかが大事なスペックになりました。

ペンタックスのレンズではこの部分の見分け方は簡単です。レンズ名に「FA」が付けば35mmフルサイズ対応「DA」が付くとAPS-Cサイズセンサー対応のレンズです。

ニコンと同様、DAレンズもフルサイズセンサー搭載のK-1に取り付けができ、自動的に撮影範囲を絞るクロップ機能が働くようになっています。

AF関連

ペンタックスも一眼レフをオートフォーカス化したときには、AF駆動用モーターはカメラのボディー側に搭載することを選びました。

このためボディーとレンズとの間にオートフォーカス駆動用の機械リンク、「カプラー」があります。

今は、レンズ側にAF駆動用モーターを搭載したレンズが数を増やしていて、これらのレンズは古いボディーだとオートフォーカスが動かないケースがあります。だいたい、K-10以前のカメラだと、新しいモーター内蔵レンズではAFが使えない形になるようです。

ニコンのレンズとボディの組み合わせほど複雑ではなさそうですが、新しいレンズと古いカメラボディーとの組み合わせには注意が必要です。

ペンタックスのAF駆動モーター内蔵レンズでは、DCモーターを使うレンズには「DC」超音波モーターを使うレンズには「SDM」パルスモーターを使うレンズには「PLM」のコードが付けられます。

また、レンズの設計に関することになりますが、ピントを合わせる際に内部でのレンズの移動だけでピント送りに対応可能なシステムを、「インナーフォーカス」と呼びます。

ペンタックスのレンズでこのシステムを採用するレンズには「[IF]」のコードが付けられています。

防滴構造関連

ペンタックスのレンズで水濡れなどへの対応策が打たれたレンズには、2つのレベルがあります。

1つはやや簡易的な防滴対応構造のレンズで、このタイプのレンズには「WR」とつきます。より高度な防塵・防滴構造を取るレンズは「AW」のコードが付けられます。

本格的にヘビーデューティーな使い方をする場合には、「AW」レンズの方が安心感は高くなりますね。

レンズコーティングなど

ペンタックスは独自のレンズのコーティング技術から、従来からゴーストなどの少なさで定評があるメーカーです。

そのコーティング技術を「smc」と呼んでいます。今は、さらに高性能なコーティング技術が投入されていて、そのコーティングを採用したレンズには「HD」のコードが付けられます。

また、レンズの色収差を効果的に軽減できるガラス素材として、ニコンと同じように「EDガラス」を採用したレンズがあります。このガラスを使ったエレメントを搭載した高性能なレンズには「ED」のコードが付きます。

別の種類のレンズの性能改善用の手段として「非球面レンズ」を使う方法もあります。こちらは広角レンズや明るい標準レンズで歪曲収差などの補正に効果があります。

ペンタックスのレンズで非球面レンズの採用を積極的にアピールするレンズには「AL」のコードが付けられています。

最後にペンタックスならではのレンズのネーミングとして「Limited」シリーズがあります。

このレンズ群は性能面でも高い光学性能を持ちますが、そのほかの意味でもユニークな焦点距離レンジなど、とても個性豊かなレンズに仕上がっています。