レンズの仕様は型番・製品名を見るだけである程度わかる ~ソニー編~

2017年12月2日

ソニーのαシリーズ用レンズのページ

 

今、レンズ交換式カメラを作っているメーカーで物理的な形の違う複数のマウントを持っているのは、ニコン、キヤノン、ソニー、富士フイルムあたりでしょうか。

これらメーカーのレンズでは、どのマウント対応のレンズなのかがレンズ名にもきちんと反映されています。

その部分をしっかり確認しておけば、物理的に取り付け不可能なレンズを買ってしまった、などの悲しい事故も防げます。

今回はそんな複数のマウントを持つメーカーの一つ、ソニーのレンズの名前の読み方をご紹介します。

マウント・センサーサイズの違い

ソニーはレンズ交換式カメラをまずはデジタル一眼レフから始めました。マウントやカメラに関する技術などはカメラ事業から撤退したミノルタから委譲されたものをベースとして使っています。

このミノルタ時代からの血を受け継ぐマウントは「Aマウント」と呼ばれています。

また、基本的なカメラとレンズ間のインタフェース仕様などをAマウントから引き継ぐ形で、サイズを縮小してミラーレス一眼向けに作られたのが「Eマウント」です。

当初はEマウントはAPS-Cサイズセンサーに最適化して小型化されたと思われていましたが、のちの開発でEマウントを使いながら35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼も登場し、写真関係者、ファンを驚かせました。

この二つの系統のマウントに関する名前がレンズの方にも反映されています。

Aマウント用レンズは基本的にマウントを表すコードが付きません

これに対してEマウントのAPS-Cサイズセンサー対応レンズは頭にEの頭文字がつきます。Eマウント用レンズで35mmフルサイズセンサーに対応するイメージサークルを持つレンズは、頭にFEの2文字がつきます。

AF駆動モーター関連

元々Aマウントでは、オートフォーカス駆動はカメラのボディー側に駆動用モーターを持ち、マウント面に物理的な連動部分のカプラーを持つ仕様でした。このため、元々のAマウント用レンズは、レンズ側にAF駆動用モーターがありません。

ですがその後の追加仕様で、レンズ側に超音波モーターを持つレンズが登場しています。このタイプのレンスには「SSM」の文字がつきます。

これに対してEマウントレンズは、当初からAF駆動用モーターはレンズ側に内蔵する仕様です。この辺りの仕様の違いが影響しているのか、ミラーレス一眼のα向けのレンズには、モーター種別を表すコードが付きません

比較的新しいレンズが多いせいもあり、Eマウント用レンズはリニアモーターや超音波モーターなどを採用してAF駆動音が静かなレンズばかりとなっています。

手振れ補正機能

ソニーのレンズ交換式カメラは、Aマウントのカメラがイメージセンサーシフト式の手振れ補正機能を搭載するのに対し、Eマウントのカメラはレンズ側の光学式手振れ補正機能を使用してきました。

光学式手振れ補正機能対応のレンズには「OSS」のコードが付けられます。

ちなみに、最近の新型のミラーレスαでは、イメージセンサーシフト式の手振れ補正機能も搭載するようになってきています。

Eマウントの口径を考えると、35mmフルサイズセンサーを搭載しつつイメージセンサーを動かして手振れ補正を行なうのは、ある意味驚異的な技術とも言えます。

それぐらいにギリギリのスペースになっています。

その他

ソニーの交換レンズで高画質ラインを表すコードは「G」や「GM」の文字です。特に今はG MaterことGMレンズの拡充に力を入れているようです。

また、ツァイスの設計によるツァイスブランドのレンズを持つところもソニーの魅力の一つです。これらのレンズにはツァイス製品らしいネーミングがつきます。「Vario-Tessar T*」や「Distagon T*」「Sonnar T*」「Planar T*」などです。

また、これもミノルタから受け継ぐ技術の一つですが、ソニー独自のレンズとして「STF」のコードを持つレンズがあります。このコードがそのままレンズの通り名ともなっています。

「Smooth Trans Focus」の略で、理想のボケ味を追求したレンズになっています。