レンズの仕様は型番・製品名を見るだけである程度わかる ~パナソニック編~

2017年12月2日

パナソニックのレンズ情報ページ

 

マイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式カメラの一方の雄パナソニックは、レンズラインにあの「ライカ」ブランドの高性能レンズを持つことでも有名です。

ライカブランドレンズにはライカ独特の愛称的な名前がつくところも特徴で、そういった部分もパナソニックレンズならではの部分を際立たせているように思います。

また、同じマイクロフォーサーズ陣営にいながら、オリンパスがイメージセンサーシフト式の手振れ補正機能を採用したのに対し、パナソニック側はレンズ側で補正を行なう光学式手振れ補正機能にこだわりを持っていたのが面白いところでした。

今回はパナソニック製のレンズの名前の読み方を取り上げて説明します。

手振れ補正機能関連

パナソニックでは冒頭にも書きましたとおり、手振れ補正機能はずっと光学式で通してきました。ですので、レンズのラインアップの中でも光学式の手振れ補正機能を搭載するレンズの数が多くなっています。

パナソニックでは光学式手振れ補正機能を「O.I.S.(Optical Image Stabilizer)」と呼んでいて、この機能を搭載するレンズにはO.I.Sのコードが付けられています。

最近は手振れ検知の頻度を高めた「MEGA O.I.S.」や「POWER O.I.S.」のコードを持つレンズが増えています。

どちらも基本的にはレンズ側で手振れを補正する光学式手振れ補正機能で、従来のものよりも手振れ補正能力を強化したもの、という理解で大丈夫でしょう。

また、最近ではパナソニックも光学式手振れ補正機能と、イメージセンサーシフト式の手振れ補正機能の連動による強化対応を始めています。

レンズ名からは対応状況は分かりませんが、カタログなどでは「Dual I.S.」「Dual I.S. 2」のロゴが付けられています。

ライカレンズならではの名前

パナソニック製のライカブランドレンズには、「LEICA DG」の文字がレンズ名称の先頭につきます。

レンズ設計にライカが携わることで、ライカらしい光学性能持つレンズが多くなっています。

また、ライカ独特のネーミングには「NOCTICRON(ノクチクロン)」「SUMMILUX(ズミルックス)」「ELMARIT(エルマリート)」「ELMAR(エルマー)」といった名前らしい名前のネーミングがあります。

これは今のライカレンズではレンズの開放F値を表す名前になっていて、ノクチクロンはF1.2のレンズに、ズミルックスはF1.4~F2未満のレンズに、エルマリートはF2.8、エルマーはF4~のレンズに付けられています。

AF駆動モーターはレンズ名からは分からない

パナソニック製レンズでは、AF駆動用モーターはレンズ名称からは読めなくなっています。また、カタログなどを見ても駆動用モータの種別は明記されていない製品が多いようです。

元々、パナソニックでは動画撮影機能を重視したカメラがほとんどのため、AF駆動音に関してはあまり心配はいらないでしょう

高性能レンズの証など

パナソニック製レンズの中で高級・高性能ラインのレンズには「X」の文字が使われます。例えば次のレンズがそうです。

LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 II / POWER O.I.S.

また、最近は非球面レンズの利用が一般化したために、これを表すコードをレンズに付けないメーカーが増えてきていますが、パナソニック製レンズの非球面レンズ採用機種には「ASPH.」のコードがついています。

その代わりEDガラスの採用などは、レンズ名からは読めなくなっています。

また、ズームレンズには「VARIO」のコードがつきます。ライカ設計のズームレンズの愛称部分が「VARIO-ELMARIT」などに変化するところと共通化する目的かもしれません。