レンズの仕様は型番・製品名を見るだけである程度わかる ~オリンパス編~

2017年12月2日

オリンパスのレンズの情報ページ

 

オリンパスはマイクロフォーサーズ以前、フォーサーズ規格立ち上げの時から参加している、この規格を主導するような立場のメーカーです。フォーサーズがマイクロフォーサーズ規格に収斂して以降も積極的な製品展開を行なっています。

レンズでは設計年次の新しさとフォーマットの小ささを逆に活かすような開発、プロモーションを行なってきています。

普及ラインのレンズまで高性能なものが多く、かつ望遠系のレンズではフォーサーズならではの換算焦点距離に比してのサイズの小ささを活かせる製品展開を行なっています。

フォーマットが新しい分、新しい仕様が「当然」含まれる形になっているため、レンズ名などから読み取れる情報は若干少なめです。

今回は、オリンパスのレンズ名から読むスペックのお話をまとめます。

レンズのグレード、性能の目安

オリンパスのレンズには3つのラインが設けられています。一般的に性能の高い順からPROPREMIUM、無印のラインになります。

PROグレードのレンズはレンズ名にPROの文字がつきますが、PREMIUMラインのレンズはWebカタログなどには明記されていますが、特にレンズ名にはコードは付けられないようです。

ただ、現状のPREMIUMラインのレンズは、単焦点で開放F値が比較的明るいレンズだけとなっているようです。換算焦点距離が面白いレンジのレンズもあり、そういう観点ではペンタックスのLimitedシリーズに通じるものがあるかもしれません。

PROシリーズのレンズは最新の設計により光学性能が非常に高く、今までの35mmフルサイズ対応のレンズでは考えられなかったようなスペックを実現するレンズもあります。

AF駆動モーターの種別は判読不能

オリンパス、というよりもマイクロフォーサーズ規格では、AF用モーターはレンズ側に持つようになっています。

ただ、パナソニックのレンズと同様にオリンパスのレンズでも駆動用モーターの種別はレンズ名から判読することが出来ません。

マイクロフォーサーズごく初期のオリンパスレンズでは、ある程度フォーカス駆動音のあるレンズもありましたが、新しいレンズではリニアモーターやボイスコイルモーターなど、基本的に駆動音が静かなモーターが採用されているようです。

オリンパス製レンズに関しても、AF動作時のノイズに関してはあまり心配する必要はなさそうです。

手振れ補正機構の有無

オリンパスは当初は手振れ補正機能をイメージセンサーシフト式で行なっていました。同じマイクロフォーサーズ規格に則るパナソニックとは別のアプローチです。

それがここに来てレンズに光学式の手振れ補正機能を搭載し、ボディー側の手振れ補正機能と連動させることで手振れの補正能力を大きく引き上げる方向に舵を切っています。

このためいくつかのレンズではレンズ側に手振れ補正機能が載るようになり、そういったレンズには「IS」のコードが付けられるようになりました。

対応するレンズ、ボディーのカタログには、「5軸シンクロ手ぶれ補正」の文字があるはずです。

その他

オリンパスのレンズでは最近は少数派になりつつある、EDガラス採用レンズを表すコードが必ず付けられているようです。そのものズバリで「ED」のコードがつくレンズ名称になっています。

また、動画撮影時のスムーズなズーミングをサポートするために、いくつかのメーカーが電動ズーム可能なズームレンズを販売していますが、そういったレンズがオリンパスにも存在します。

オリンパスのレンズでは「EZ」のコードがつくレンズが電動ズームを採用しています。