待望の超小型EOSの後継機EOS Kiss X9登場

2017年12月2日

キヤノン CANON EOS Kiss X9(W)【ボディ(レンズ別売)】(ブラック/デジタル一眼レフカメラ)

実は今でも2世代前のEOS Kissである、Kiss X7が売れ続けています。

「型落ち」になって価格面でお買い得感が非常に高まったこともありますが、そのデジタル一眼レフとは思えないような、小型軽量のかわいらしいボディーが今だに高く評価されている部分もあるのだと思います。

正直、著者もKiss X7登場時に店頭でデモ機に触れた際には、中身が空っぽのモックアップなのかと一瞬疑いました。それぐらいに軽く小さなカメラです。

そのEOS Kiss X7の後継機が遂に登場します。X8世代では残念ながら新機種はスキップされてしまいましたが、X9世代でキャッチアップされた形です。

この記事では待望の小型EOS、EOS Kiss X9を取り上げます。

スペックはX9iと完全に共通、ではない

EOS Kiss X9の基本機能はだいたいEOS Kiss X9iと同等のものとなっています。

イメージセンサーは共通の約2,400万画素のデュアルピクセルCMOSセンサー。映像エンジンにも最新のDIGIC 7を搭載します。

光学ファインダー使用時のAFセンサーが、EOS Kiss X9iの45点式のものではなく、Kiss X7と同じ9点式のものにスペックが落とされています

また連写速度は毎秒5コマまで。この部分もKiss X9iとの差別化が図られています。

その代わりと言ってはなんですが、Kiss X9ではKiss X7と同レベルのコンパクトな本体に、なんとバリアングル液晶を押し込んできました

液晶パネルはアスペクト比2:3の3型のものですが、EOS Kiss X9の小さな本体と比べると、液晶パネルがものすごく大きく見えてしまいます。

同様にレンズを外した画像のマウント径もバランスが悪いぐらいに大きく見えます。

元々EOSのEFマウントは、大口径レンズの設計を容易にするために、35mmカメラ用としては非常に径の大きなマウントになっているのですが、それがより目立つ形ですね。

逆に言うと、この大きなマウントがEOS Kissシリーズの小型化の足かせの一つでもあるはずなのですが。

また、この機種もカットモデル的な内部構造の画像が公開されていますが、EOS 6D MarkII以上に中身がぎっしりです。光学ファインダー用のペンタミラーなんかはすごいところに「食い込んで」います。

シャッターユニットとミラー駆動ユニットを一体化させるなど、本体小型化に大胆な新設計をも盛り込んできていますね。

カラーバリエーションも

EOS Kiss X9はPowerShot G9X MarkIIあたりと同じ感じのカラーバリエーション展開も行なわれます。

ボディーカラーに白とシルバー、あとは黒が設定されています。

面白そうなのはシルバーですね。グリップ部はPowerShot G9X MarkIIのシルバーモデルのように、革っぽい雰囲気の茶色があしらわれます。

白とシルバーのボディーのキットレンズには、鏡筒がシルバーのレンズがセットされるようです。

X7同様の人気機種になるか?

元から一眼レフを使い続けてきた人にとっては1kg近いボディーの重さも、ゴロンとしたサイズ感も全然気になることはないものなのですが、スマートフォンなどから入門してきた人たちにとっては、デジタル一眼レフの大きさ・重さはかなり大変なものになるでしょう。

そういったユーザーにはEOS Kiss X7の軽さは、とっつきやすさにつながっていたのではないかと思います。未だに売れ続ける理由の一つはそのあたりにあるのかもしれません。

中身を一新して機能面・性能面でステップアップしつつ、X7に近いサイズ感、軽さを実現したX9がどうユーザーに受け止められるか、ちょっと面白い存在になりそうです。