トリミングの工夫で専用レンズを使わずにシフト効果を出す方法

2017年12月2日

デジタルカメラならではの便利な利用方法の一つとして、誰でも簡単にトリミングが行える、ということが挙げられます。

フィルム時代には自分で現像、焼き付けを行なう装備を持っている人以外は写真屋さんに頼むしかありませんでしたが、写真がデジタルデータ化して以降、多くの人が比較的簡単にパソコンなどの後処理で対応できるようになりました。

トリミングでやることと言うと、デジタルズーム的に画面の一部を切り出すとか、撮影時に傾いてしまったフレーミングの補正、などが良くあるパターンです。

ですが、撮影時の一工夫+トリミングでシフトレンズを使うのと同様の効果を狙うことが出来ます

今回は、このトリミングの一工夫で擬似的にシフト効果を狙うやり方を説明します。

まず初めにシフト効果とは?

ここで言うシフト効果とは、広角レンズなどで上を見上げたり下を見下ろすようにして撮影した場合に、写るオブジェクトが変形してしまう現象を抑える撮影方法を指しています。

良くあるパターンでは、高い建物をそばから仰ぎ見るようにして写真を撮ると、建物の上側がすぼまって写ります。

広角レンズではこのすぼまり具合が大きくなる傾向があって、特に超広角レンズでは顕著にこの現象が現れます。

これは作画上超広角らしさを出すには便利な効果ですが、それだけだと単調な、とりあえず超広角レンズで写してみました、的な画面構成になってしまいがちです。

また、建築写真やブツ撮りなどでは、被写体の変形を避けたいケースもあります。そういった際には、通常はシフトレンズを使うか、後処理で台形補正を行なうことになると思います。

ですが、撮影時のちょっとした工夫と後処理でトリミングを行なうだけで、半分光学的にシフト効果を出すことが出来ます。

考え方

たとえ超広角レンズを使う場合でも、カメラの向きを水平に保ち被写体に正対する形で撮影を行なえば、遠近感の誇張によるパースがかからない形での撮影が可能です。

今回ご説明する疑似シフトは、この考え方が基本です。

撮影時に被写体をバランス良く画面に配置するようなフレーミングを行なうのではなく、パースがかからないことを前提として、カメラを上下方向にも水平を保って撮影を行ない、後処理のトリミングでフレーミングの完成を行なうイメージになります。

画面構成に関しては最初からトリミング前提の撮り方をする、ということですね。

作例

超広角レンズを使って撮影を行なう場合には、ちょっとレンズを上に向けて撮影しただけで、盛大にパースがかかってオブジェクトが変形します。

 

これを避けるために、撮影時には無駄な余白が出来ることこみで、カメラを上下方向に水平にして撮影します。

場合によっては電子水準器を使うのもありです。

それを撮影後に必要部分だけトリミングして切り出します。

これだけで疑似シフト効果を効かせた写真はできあがりです。

引く場所がなく、超広角レンズを使わざるを得ない状況では非常に有効な撮影方法になるケースがあります。