カシオ、アクションカムに新ブランドG’z Eye立ち上げ。新機種GZE-1投入へ

2017年12月2日

カシオのGZE-1の製品情報ページ

 

「タフネス」ガジェットではカシオにはG-SHOCKという世界的にも最も有名と言っていいブランドが存在します。

カシオでは、このブランドのイメージを時計以外のジャンルにも展開しようとしています。タフネススマートフォンのG’zブランドなどもその一環でしょう。

そんな新製品展開の一つとして、より本格的なアクションカム「G’zEye」ブランドが始動しました。まずはその第一弾としてルックスがまさにG-SHOCKなアクションカム「GZE-1」が投入されます。

スペック

まずはGZE-1のスペックを簡単に確認してみましょう。

イメージセンサーには1/2.3型の約2,100万画素、裏面照射タイプのCMOSセンサーを搭載しています。

が、どうもこのセンサーの中央部のみを利用する形にしているようで、有効画素数は約690万画素。かなりもったいない、または、大胆な使い方をするカメラになっています。

恐らくこれ以上サイズの小さなセンサーに比べ、画質面や感度面での優位性があるのでしょう。

かなり画素数を絞っている関係で、出力画像の解像度は控えめになっています。

装着されるレンズはいわゆる魚眼レンズのようで、静止画では半球を超える約190度の画角を持ちます。動画撮影時にも約170度の非常に広い範囲の撮影が可能です。

静止画では3,008 x 2,256ドットの縦横比4:3の画像が出力されます。動画はフルHD解像度で30fpsの記録が可能となっています。

動画関連ではスローモーション動画の撮影も可能になっていて、512 x 384ドットの解像度ならば240fps、640 x 480ドットだと120fpsの撮影が可能です。

それぞれ、1/8倍速、1/4倍速に相当します。

肝心の対ショック、防水性能はかなり高いものがあって、4mからの落下試験をパス。50mまでの防水性能、IP6Xクラスの防塵性能を持つ上、マイナス10度の環境下での動作を可能にする耐低温性能まで備えます。

かなり本格的なエクストリームスポーツの撮影を意識した作りと言って良いでしょう。

正面から見るとルックスはG-SHOCKシリーズのベゼルのデザインのようにも見えます。見た目からヘビーデューティーさが伝わる、分かりやすく一度見たら忘れられないカタチですね。

スマホ連携で本体に触ることなく操作可能

G’z EYEではスマートフォンに専用アプリをインストールすることで、無線LANのアドホックモードを使ってスマートフォン側から全機能のコントロールが可能になります。

アクションカムとして一般的な使い方を考えると、カメラ本体での操作よりもスマートフォンを使ってコントロールを行なう方がずっと合理的な使い方になりますね。

周辺機器も豊富に用意

まずはこのカメラ専用と言うことになりますが、やはり高度な耐衝撃性、耐水・耐塵性能を備えたリモートコントローラー、液晶コントローラーが用意されています。

また、G’z EYE専用となるジンバルも用意されています。これにより手持ち撮影でも揺れが少なく画面のイヤな傾きなども軽減した、安定した動画撮影が可能になります。

加えて既に発売済みのカシオのスマートウォッチPRO TREK Smartとの連携も可能です。

この際はスマートウォッチ側のディスプレイをG’z EYEのモニター代わりに利用することも可能です。

さらに、身体やその他の場所にカメラを装着するための各種アタッチメントも用意されます。

今のところオプションには見当たらないヘルメットへの装着用マウントや、二の腕に装着するためのアタッチメントなども欲しいところですね。

さらに広い領域での活用が期待できるようになりますから。

このジャンルには既に定番と言える存在のカメラがいくつも存在していますから、後発がどれだけその中に食い込めるかは独自の機能やオプションの果たす役割が大きいと思います。

G’z EYEシリーズがそういった部分でどういう動きを見せるか、楽しみな部分です。