さらにタフになったパナソニックの防水・耐衝撃デジカメLUMIX FT7

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス FT7 防水 4K動画対応 ブラック DC-FT7-K

発表はフォトキナあわせではなく少し前のものになるのですが、ずっと気になっていたデジカメがこちらです。パナソニックの新タフネスコンデジLUMIX FT7。

防水性能がさらに高まり頑丈さも高い典型的なタフネスデジカメですが、気になっていたのはそのルックス。2種類のカラーバリエーションでカメラの雰囲気がガラッと変わるのです。

まずはスペック

LUMIX FT7のスペックをまずは確認してみます。

肝心のタフネス性能はカメラ単体だけでも非常に高いもので防水は31mまでに対応。激しく波に打たれる、といったことのない場合なら本格的なスクーバダイビングにも使用できそうです。

もちろん防塵性能もありますし、落下への耐性としては2mからの落下を想定した作りになっています。

またパナソニックのタフなモバイルノートパソコンのように、100kgfの荷重にも耐える丈夫さを持ちます。さらに-10度での動作もメーカーが保証するなど、一級のタフさを持つカメラです。

山登りなどで使うことも考えて高度計と電子コンパスを搭載しているのもユニークです。

イメージセンサーは有効約2,040万画素の1/2.3型のセンサーを搭載していて、ISO感度は80~3200が常用範囲です。

比較的レンジの広い光学ズームレンズを搭載するのも、最近のこのクラスのカメラの標準的なフィーチャーです。FT7では28-128mm相当のレンズが入っています。恐らく屈曲光学系を採用していると思います。

パナソニックらしさたくさん

パナソニックのデジカメは動画撮影などの機能の充実が伝統になっていますが、LUMIX FT7もその例に漏れません。

30分までの4K動画の撮影が可能で、4Kフォト機能も搭載しています。

タフネスデジカメながら本格的なEVFを載せているのもパナソニックのこだわりと言えそうです。

背面液晶は3型で104万ドットのパネルを採用。EVFのほうは117万ドット相当のフィールドシーケンシャル型のパネルを使っていて単純なドット数以上の稠密な表示が可能です。

ゴツいけれど黒ボディだとタフネスデジカメっぽくないルックス

LUMIX FT7はかなり鮮やかなオレンジのフロントパネルと黒に赤いラインの入ったパネルをもつ、2つのカラーバリエーションがあります。

面白いのはこの色の違いでカメラの雰囲気がガラッと変わるところでしょうか。著者はちょっと変な目の付け所かもしれませんが、この部分にすごく興味を引かれました。

オレンジのパネルだとアクティブな雰囲気でいかにもタフネスデジカメ、といった雰囲気をまとうのですが、黒に赤ラインのパネルになるとちょっとゴツイですがごく普通のカメラっぽい雰囲気の製品になります。

そこがすごく面白いです。

他のメーカーの製品も含め、今までのタフネスデジカメは「タフさ」の演出のためか、派手で突飛に近い雰囲気のルックスのカメラが多いので、色によってはかなり普通っぽく見えるこのカメラは貴重な存在かも、と思います。

カメラを初めて手にする人や、お子さん向けのものとしては、こういった頑丈なカメラがいいのかもしれませんね。

本来のカメラの目的以外にも活用範囲が色々とありそうです。