そこまで本当に必要?

「フォトヨドバシ」より

ずっとカメラや写真関連の情報を集め続けていますが、なんだかここに来て色々な面で考え方が少し変わってきました。

カメラの売れ行き情報とかあちこちのカメラ関連、写真関連の情報サイト、写真雑誌を読んでいるうちにいくつか疑問がわいてきたのです。

上手くまとめられるか分らないのですが、その周辺の今感じることををつらつらと書き出してみます。

今一番売れているレンズ交換式カメラはEOS Kiss M

最初にカメラの売れ行きの観点です。

今BCNのカメラの売れ行きランキングでトップを走っているのはキヤノンのEOS Kiss Mです。キヤノンがまさにとっておきのカメラのブランドネーム「Kiss」を冠した初めてのミラーレス一眼です。

Kissのイメージからするとエントリー機で性能そこそこ、といった印象がありますが、EOS Kiss Mの性能自体は一眼レフの方でもミドルクラスに匹敵するぐらいのかなり高性能なカメラです。

ですが、最新の35mmフルサイズの高性能ミラーレス一眼と比較するとかなり性能差はあります。

また、キヤノンは35mmフルサイズのミラーレス一眼用にRFマウントとEOS Rシリーズを出しましたので、EOS Mシリーズは入門向け~ミドルクラスぐらいの機種に大体限定されそうな雰囲気です。さらにEOS Mマウント用の専用レンズはまだまだ数が少ないです。

そういった状況があるにもかかわらずEOS Kiss Mが売れ続けている、というのが一般的なユーザーがカメラに求める像をよく表している気がするのです。

レンズ交換式のカメラを買う人、買うことの検討をしている人のかなりの割合は、ダブルズームキットのレンズ2本があれば十分、と言うことなのかなと。

EOS Mシリーズは一応はマウントアダプタ経由で一眼レフのEOS用レンズの流用が出来ますが、そこまで考えているユーザーは実はほとんどいないのかもしれません。

調べ元で全然異なるカメラの売り上げランキング

これがヨドバシカメラ調べ、とかの売り上げランキングになると売れ筋カメラの様相が一変します。ここも面白いですね。

客層的にヨドバシカメラにはよりハイエンドユーザーに近い層が多く集まる印象が以前からありましたが、実際カメラの売れ行きも客層を見事に反映している気がします。

いまならば35mmフルサイズのミラーレス一眼上位機種が上位に来ますから。

BCN調べとヨドバシカメラ調べのランキングを比べると、まだ専用レンズが少なくカメラの性能面では他社製品よりも抑えられた形のEOS Rが、BCNランキングの方ではより上位に来る傾向があるのも面白いところかもしれません。

これらの状況から、多くのカメラユーザーはごく普通に撮れる「普通のカメラ」で十分なのではないか、そんな風に思うようになってきました。

今までハイエンドカメラ、超高速連写で、超高画素、超高画質を求めていた層のうちある程度の割合は、ごく普通のカメラで足りることに気づいて最先端を追いかけるのを止め始めているのかも?とも思ったりもします。

今の「普通のカメラ」は実はものすごく高性能で撮れる写真の画質も非常に高水準になっていますし。

雑誌や情報サイトはとんがりすぎでは?

ユーザーが頼る情報源としての雑誌やWeb情報サイトなどはかなりハイエンド指向が強まっていて、先端を突っ走るユーザー向けの情報に偏りすぎている気がします。

確実にそういったリーディングエッジ的ユーザー層は常に一定割合存在して、そういった層こそ貪欲に情報や最新鋭機を求めて動くのも多分確実だと思います。

ただ、そちらに引っ張られすぎて雑誌もWeb情報サイトもちょっととんがりすぎてしまったイメージがあります。

実際のユーザー数でいけばそれ以外の普通のカメラユーザーのほうがずっと多いはずなのですが、そこを上手くフォローできる雑誌や情報サイトがなくなってしまった気がします。

こちらの観点で個人的に最近お気に入りのWeb系のカメラ情報はマイナビニュースのデジカメ情報と、ヨドバシカメラのカメラ・レンズレビューです。

後者は半分製品の販促用の情報ですから、基本、製品の悪口を書きません。また良いところをすごく上手く軟らかい表現で伝えてくれます。掲載されるサンプル写真が素晴らしいのでそれを見ているだけでも楽しめるのもいいところですね。

本当にギリギリまでカメラやレンズの性能を使い切らないといけないユーザーを除けば、好きな製品の良いところに惚れ込んで使いこなせば十分なのではないかしら、そんな考え方に最近は変わってきました。

なので製品情報の収集元はこのようなサイトのほうが良いのかも、と思い始めたのです。

デジタルカメラ周辺の製品が素晴らしく成熟して、ユーザーの使いこなし術ではカバーしきれないような致命的な欠陥がほとんどなくなった、と言うのもその理由の一つではありますけれど。

ある製品の欠点を重箱の隅をつつくように引きずり出すレビューや評価にそれほどの価値があるのか、今は少し疑問に思っています。

このあたり皆さんはどう思われます?