今年も美瑛の青い池へ

今年も行ってきました、美瑛方面。

家族みんなが大好きなロケーションなので、みんなで半日がかりののんびりドライブコースの定番なのです。

まずは青い池のレポートです。
今回はちょっと新しい要素がありました。

新アクセス道路&新駐車場

去年青い池に行ったときにはまだ完成していませんでいたが、その直後に新しい舗装された立派な駐車場、新アクセス道路、さらに小さなお店とトイレが出来上がったことが発表されていました。

今年はこれを利用できました。

青い池より少し美瑛の町よりに十勝岳等々のビジターセンター的な施設と、美瑛町営のパークゴルフ場があります。そのあたり一帯の施設群は「ピルケの森」と呼ばれている場所にあるのですが、新しい青い池へのアクセス道路はここを経由して少し本道を外れた場所にあります。

出来たばかりなので美しくて走りやすい道です。車道の横にはしっかりした遊歩道も整備されていて、ピルケの森から散策を楽しむこともできます。

駐車場は以前の場所より数百m美瑛の町、ピルケの森よりに全く新しいものが作られていました。しっかりと舗装された立派なものです。

アクセシビリティ大幅アップ!

去年までの砂利の駐車場もそれ以前の駐車場よりもずっと青い池に近い場所にあったのですが、新設された駐車場はさらに池に近く、池のほとりにある、と言っていいぐらいの近さです。

その代わり青い池の堤防的なものがそれなりに高さがあってその分は少し面倒ではあります。

ただ、立派な舗装されたスロープ、階段が整備されていて、池の脇の遊歩道にも舗装部分が作られているので車椅子の方や歩行に不安がある方も池に行きやすくなったと思います。

また、トイレの存在がありがたい方は多そうな気がしますね。今までは手前のピルケの森の施設を使うか、さらに奥に行って白金温泉を利用する必要がありましたから。

今年は素晴らしい青!

実は去年、青い池に行く直前に大雨があって池にも泥が流れ込み、カフェラテ色の池になってしまっていました。今年も直前に少し雨があったので不安に思っていたんですが、今回は全く問題なし。どころか、今まで行った中でも最高クラスの青さで出迎えてくれました。

さらに風がほぼありませんでしたので、水面が静かで色の鮮やかさが際立っていました。

ただ、風がない分、池の表面はほぼ完全な水鏡で周囲の風景を映すため、池本来の色は画面の一部だけだったかも。水鏡は本当に素晴らしかったのでそちらの美しさはすごかったですけれどね。これはこれで非常にフォトジェニック、と言って良かったです。

あと途中で微風が吹くタイミングがあったのですが、このとき半逆光で見た池の表面はCGで描いたごとくの不思議な漣の有様でした。これがまたとても不思議で現実感の薄い絵柄で非常に面白かったです。

美瑛川ほとりに展望台造成中

去年の大雨で青い池の水の出口、美瑛川の縁の土手が崩れました。それを直して崩れないよう補強する過程で、青い池の奥にある砂防ダムや美瑛川自体の景色が楽しめなくなってしまいました。

これを解消するために美瑛川の側の広場に数mの展望台を造成している最中でした。来年はそこからの眺めも楽しめそうです。

青い池自体もちょっと目の高さを変えると色合いが変化しますので、次回行くときが今から楽しみです。