キヤノンRFマウント用便利ズームRF24-240mm F4-6.3 IS USM

RFレンズ RF24-240mm F4-6.3 IS USM

キヤノンの35mmフルサイズミラーレス一眼用のRFマウント、このシリーズ最初となる比較的お手頃なクラスのズームレンズが登場しました。

既に開発発表が行なわれていたRF24-240mm F4-6.3 IS USMの発売日が正式に決まったカタチです。

恐らくEOS RPのキットレンズとして使われることになるでしょう。

実用性が高い焦点距離レンジ

RF24-240mm F4-6.3 IS USMは広角24mmから望遠240mmまでをカバーする10倍ズームレンズです。

高倍率ズームレンズ、特に35mmフルサイズセンサーの画角をカバーする製品では28mm始まりのものが多かったのですが、最近は広角側を少し広げて実際のシーンでの便利性を高めたレンズが増えてきました。

このレンズも一般的な撮影シーンならばこれ1本で9割以上のカバーが可能になるのではないかと思います。

結構頑張っている光学性能

最近の高倍率ズームレンズは「高倍率ズームだから」、というエクスキューズの必要性があまり感じられないような高性能な製品が増えてきています。

RF24-240mm F4-6.3 IS USMもかなり頑張っていて、1本目に選んでほとんど問題ない光学性能を持っていると言えそうです。

MTFのグラフを見る限りシャープネスは絞り開放からかなり高そう。ただ放射方向と同心円方向の曲線の乖離がちょっと大きめの部分がありますので、条件によってはボケがややざわつくケースがあるかもしれません。

また広角端の周辺部では像の流れもありますね。

でも、一般的には実用性は十分にあるといって良さそうな感じです。

独立したコントロールリングがない

RFマウントレンズの特徴のひとつはカスタマイズ可能な操作系をレンズ側にひとつ追加していることが挙げられます。「コントロールリング」と呼ばれているのがそれです。

一時期、撮影のパラメータ設定の機能は右手側の電子ダイヤルに集約する方向に進んでいる感じがありましたが、段々とまた左手での操作も活用しようという動きへの揺り戻しがある雰囲気ですね。

元々カメラは左手操作となるレンズ部分に絞り環があった訳なので、原点回帰といえるのかもしれません。

コントロールリングもその流れに乗ったものですが、今風に電子ダイヤルとなっていて割り当てる機能をカスタマイズできます。

ただこのレンズには独立したコントロールリングがありません。ここはコストの面もあるとは思いますが、キヤノンがRFマウントレンズのあり方を実験しているようにも見えますね。

フォーカスリングとコントロールリングを切り替えて利用する形を取っています。

レンズの性格、ユーザー層を考えると、レンズに付けられているリングをフォーカスリングとしてフル活用するユーザーは少ないと読んだのかもしれません。

ただ、せっかくの+1の操作自由度を追加できるコントロールリングのフィーチャーだけに、個人的にはちょっと残念な気もしないでもありません。

課題は価格面?

RF24-240mm F4-6.3 IS USMの弱点は価格面になるかもしれません。

キットレンズでも使われる、カメラメーカーとしてはメインストリームクラスに属する製品になりそうではあるのですが、12万円近い価格で販売されることになりそうだからです。

EOS RPとのセットでも結構いいお値段が設定されていて、レンズ込みではやはりまだまだ35mmフルサイズは高いな、って雰囲気の価格帯になっています。

もうちょっとお手頃価格でEOS RPの手軽さを強調できるスタンダードなズームレンズ開発がキヤノンの次の課題になるかもしれません。