ニコンZマウント初の高倍率ズームレンズNIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

Nikon 高倍率ズームレンズ NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR Zマウント フルサイズ対応 NZ24-200

35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼の世界では、メーカー製高倍率ズームレンズは広角側シフトが完全に定番となったようです。

先鞭を付けたのはやはりソニーのαシリーズですが、24-240mmのズーム比10倍のレンズを既に投入済みです。さらにキヤノンがそれに追従し、ついこの間ほぼ同スペックを持つレンズをRFマウントに投入しました。

その流れにニコンも乗った形になるのが今回取り上げるNIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRです。

価格は他社の同クラス製品同様。その代わりニコンのレンズのみ望遠側が40mm短くなっていて、重量、サイズは別クラス製品と言えるぐらいコンパクトに仕上げてきました。

スペック

ニコンの新レンズNIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRは名前の通り、本格的な広角域である24mmから望遠レンズの標準的なレンジである200mmまでをカバーする製品です。

ズーム比は8.3倍に抑えられるカタチで競合他社の同クラス製品よりも望遠側が短くなっています。が、その分レンズはコンパクトな仕上がりとなっていて、フィルター径も1クラス小さな67mm。重量は持ってはっきりと違いが分る200g近く軽い570gを実現しています。

レンズ構成は15群19枚構成。EDガラスの球面レンズを2枚、EDガラスで非球面のレンズを1枚、そのほかに通常ガラスの非球面レンズを2枚搭載。高性能なアルネオコートも採用するなど性能にかなりのこだわりをもった作り込みをしています。

最短撮影距離は広角端で50cm、望遠端でも70cmまで寄ることができ、最大撮影倍率はライトマクロ的な表現が可能な0.28倍になります。

製品名にVRとつくことからも分るように光学式の手ぶれ補正機能を採用していて、補正能力はシャッタースピードにして5段分とされています。

高倍率ズームでかつ、光学式の手ぶれ補正機能を採用しながら比較的シンプルなレンズ構成に出来ているのも特徴の一つと言えるかもしれません。

高倍率ズームながら高い光学性能

このレンズのセールスポイントは他社製品に比べ高い光学性能にあるようです。ニコンはかなり強くそのポイントをアピールしています。

その言によれば、他社の同クラス製品と同じ像の拡大率を得るために望遠端で1.2倍クロップを行なってもこのレンズの方がシャープな画像を得られる、とのことです。

実際製品情報サイトに掲載されているMTF曲線を見る限り、望遠端でも広角端でも主線に相当する10本/mmの空間周波数の応答曲線は周辺部までかなり高い数値を示していて、絞り開放からかなりしっかりとした描写が期待できそうです。

30本/mmのグラフもこのクラスの製品としてはかなり優秀な数値を示しますが、周辺に行くに従って素直に曲線がたれていきますので、絞り開放ではわずかなにじみを伴う若干柔らかい描写をすることになりそうな雰囲気です。

ただ、個人的にはメーカーの見解としてそこまで強いメッセージを出す必要もないのでは?という違和感は感じました。競合他社の製品よりも大幅に小さく軽く仕上げられているわけで、その点で十分な付加価値を出せていると思うからです。

以前からニコンは主にキヤノンに対して強烈なライバル意識を丸出しにした動きを取ってきていますが、そういう社風ってなかなか消えないものなのだなぁ、とちょっと思ったりしました。

ちょっとお話が逸れてしまいましたが、このレンズの登場でZシリーズにも安価とは言えませんが比較的手を出しやすい、高性能ライン以外のレンズも登場したことになります。

最初に手にする1本として、キットレンズなどにも最適な製品になってくれるでしょう。

次はもう少し安価でコンパクトな標準ズームレンズの登場も期待したいですね。