フジX-Tシリーズの最新鋭機X-T4登場

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T4ボディ ブラック X-T4-B

富士フイルムのAPS-Cサイズセンサー搭載カメラには複数のラインがありますが、そのうち一眼レフっぽいファインダー部を持つのがX-Tシリーズです。どこかフィルム時代の富士フイルムの一眼レフのようなたたずまいを持つ機種です。

このX-Tシリーズに新型機が登場します。

同様に一眼レフライクなスタイルを持つもののより現代的なフォルムのX-H1からも様々な要素を受け継ぎ、富士フイルムAPS-Cサイズセンサー搭載機のフラッグシップの一つとなるX-T4です。

今回はこのカメラの中身を見ていきます。

富士フイルムらしさの詰まった一台

X-T4の性格を簡単にまとめるならこの見出しになるでしょうか。富士フイルム独自のスペック、こだわりを一通り全部詰め込んだらこのカメラになりました、そういう雰囲気のカメラです。

まずイメージセンサーには富士フイルム独自配列のカラーフィルターを採用したX-Trans CMOS 4を採用しています。このセンサーはAPS-Cサイズセンサーとしては画素数が高めとなる約2,610万画素となります。

画素ピッチが狭まることによる高感度特性の低下やダイナミックレンジの問題に対処するために裏面照射型の構造を持っています。

映像エンジンには富士フイルムの最新チップ、X-Processor 4を採用しました。

富士フイルムは以前からEVFの見え味にこだわる企業でしたが、X-T4もその遺伝子を継承。表示のタイムラグを非常に小さく抑えフレームレートも高く取られています。さらに約369万画素の非常に高解像度の有機ELパネルも採用しています。

イメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機能搭載

X-T4はX-Tシリーズとしては初めてイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機能を搭載しました。

Xマウントのカメラで初めてイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機能を搭載したX-H1から機構の改善を行なって、手ぶれ補正の効きをさらに引き上げてきました。最大約6.5段分の補正効果が得られるとされています。

連写速度向上

X-T4ではシャッターユニットのアップグレードも行なわれていて、メカシャッター連動でも最高毎秒15コマもの連写が可能になりました。

同時にレリーズタイムラグも短縮されており、約35ミリ秒の高いレスポンスを実現しました。

耐久性も大幅に向上していてメーカーが保証するシャッター耐久性は30万回まで伸びています。

電源関連も改善

X-T4では使用するバッテリーが大容量のものに変更になっています。これによりより長いバッテリーライフが実現されていますが、既存の機種で使っていたバッテリーの流用が利かないのはちょっと痛いところかもしれません。

ミラーレス一眼のデジタル一眼レフに対する弱点の一つはバッテリー駆動時間の短さですが、X-T4は様々な工夫でこれを少しでも伸ばす工夫が行なわれています。

1本のバッテリーで撮影可能な枚数は標準モードで500枚。ファインダー表示のフレームレートを抑えることなどで消費電力を減らした「エコノミーモード」では600枚の撮影が行えるようになります。

また、バッテリーグリップとの併用で最大1,700枚の連続撮影が行えるようになります。

X-T4の価格はボディーのみで20万円+αと想定されています。