ニコンのZマウント用大三元レンズの一角NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

ニコンの35mmフルサイズセンサー対応のミラーレス一眼用マウントであるZマウント、このマウント向けにフルサイズのイメージサークルをカバーする望遠ズームレンズNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sが登場予定です。

このクラスのレンズはいわゆる「大三元」レンズの望遠側を担う製品で、各社がメーカーの威信をかけて性能競争を行なうタイプのレンズになっています。

キヤノンはRFマウント向けのこのクラスのレンズをインナーズームではない鏡筒が伸縮するタイプのレンズとして大幅な小型化を図り、カメラ周辺の各層の人たちをすごく驚かせる戦略を採りました。

それに対しニコンは無難とも言える製品開発を行なっていて、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sはこのクラスのレンズの常識になっている、ズーミングで全長が変化しないインナーズームタイプのレンズで製品化してきました。

スペック

まずはNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのスペックを見ておきます。

レンズ構成は18群21枚。うち1枚は蛍石、EDガラス製レンズも6枚採用するなど、極めて贅沢な作りをしています。

非球面レンズは2枚。以前は望遠系で非球面レンズを採用するケースは少なかったのですが、こちらの観点でも徹底した性能追求の姿勢が見られるレンズになっています。

また色にじみの抑制に効果があるという「SR」ガラス採用レンズも搭載。この新光学ガラスは既存のガラスよりも色によって屈折率の変化が大きくなっていて、特に青い光が大きく屈折する特性を持っています。

最短撮影距離もかなり短縮されていて、広角端では50cmまで寄ることが出来、望遠側でも1mまでピントが合います。

絞り枚数は9枚。最小絞りはF22となっています。

光学式の手ぶれ補正機能の補正効果は約5.5段。ニコンのレンズとしてはもっとも能力が高いものになりました。さらにイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機能を搭載したZ 7、Z 6との組み合わせでは回転方向の補正にも対応する5軸補正が有効になります。

サイズはかなり大柄で、直径約89mm、全長は約220mmあります。重量の方も約1,440gあり、Fマウント用のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRと大差ないボリュームとなっています。

ちょっと面白いなと思ったのは、レンズ名に「ED」や「FL」といったレンズに使う特殊ガラス素材を表す文字が含まれなくなっているところですね。そういった名称をつけてレンズの性能を誇示する必要がなくなった、と言うことかもしれません。

ニコンのレンズに対する自信の表れにも見えます。

オーソドックスなレンズ

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sはニコンらしくすごくオーソドックスに、このクラスのレンズのセオリー通りにまとめた一品に見えます。

その中で今できることを全部つぎ込んできたぐらいにこだわりの作り込みが行なわれている感じです。盛り込まれた物量がとにかくすごいです。

かつてはニコンはEDガラスへのこだわりが強い雰囲気があってなかなか蛍石を使いませんでしたが、今はむしろキヤノン以上に積極的に蛍石を採用している感じです。

大胆にこのクラスのレンズの常識を外してきたキヤノンとどういう勝負を繰り広げるのか、色々と楽しみになる製品でもあります。

価格は税別で32万円以上。さすがに中身が示すとおりの高価なレンズになっています。ただ、その分の性能は間違いなくある1本です。