ペンタックスも超高性能85mmにHD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AWで参戦

一時期の新製品ラッシュ的なものは少々収まりましたが、未だにこのジャンルのレンズがカメラメーカー、レンズメーカの威信をかけた争いの主戦場の一つであることに変わりはないようです。

明るい85mm単焦点レンズです。

元々ポートレイト用レンズとして各社が力の入った逸品を投入し続けてきたジャンルですが、ここ数年またこのジャンルがものすごく熱くなっています。

その戦場にペンタックスも名乗りを上げることになりました。そのための武器が今回取り上げる「HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW」です。

新世代D FA★ブランドの単焦点レンズ2本目

HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AWは高性能標準レンズであるHD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AWに続く、新世代の超がつくレベルで高性能なD FA★ブランドレンズの単焦点レンズとしては2本目となるレンズです。

とにかく性能最重視で価格や大きさ等の制約を大幅に緩めて作られる、まさにメーカーの威信をかけた1本です。

HD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AWのほうが素晴らしい光学性能を実現していますので、85mmのほうも性能にはかなり期待が持たれる製品になります。

2019年のCP+で参考出品していた製品ですが、じっくりと開発を行なって2020年後半の発売を目指します。

スペック

HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AWのスペックのうちレンズ構成などの詳細な情報はまだ明らかになっていませんが、そのサイズを見るだけで本気度合いは見えてきます。

例えばキヤノンの近いスペックを持つレンズEF85mm F1.4L IS USMの大きさが直径88.6mm、全長105.4mmなのに対し、この製品は直径95mm、全長123.5mmにも及ぶボリュームを持っています。

フィルター径もキヤノンの製品より1ランク大きい82mmで、前玉を大きく取り周辺光量などにも配慮した製品であることがうかがえます。

色収差を抑制するためにスーパーEDガラス製レンズを3枚採用。絞り開放から非常にシャープな画像を結ぶことを目指した製品です。

絞り枚数は9枚の円形絞りで、F2.8までは円形絞りの効果がある作りです。最小絞りはF16で絞りはメカ連動式ではなく電磁絞りになっています。この関係からマウントの方はKAF4となります。

最短撮影距離は85cm。撮影倍率は最大0.12倍です。

AF駆動にはリング型の超音波モーターを採用して、大柄なレンズながら俊敏なAF動作を実現してくれると思われます。

専用フードを付けるととても85mmの中望遠レンズとは思えないボリュームになりそうで、サイズから推察するに重量も確実に1kgを超えてくる製品になるでしょう。

ですがボリュームに見合う性能を実現してくれる製品が期待できそうです。

今後のペンタックスを示すレンズ??

レンズ交換式カメラはミラーレス一眼系の技術を使う製品にシフトしていくことがほぼ確実になってきました。そんな中、ペンタックスは本格的なミラーレス一眼を製品化していません。内部的に何らかのプロジェクトが走っている可能性はありますが、まだ対外的なアナウンスは一切ありません。

本当にライブな光を見せる光学式ファインダーと、たとえEVF形式であっても一度映像エンジンが「仕上げた」イメージを表示する電子式ファインダーとでは見えるものが違います。また、ジャンルによってはやはり光学式ファインダーの方が対応しやすい被写体も残っています。

そういった意味では一眼レフが完全に消えることはあり得ないと思いますが、レンズ交換式カメラを巡る状況は少なくともしばらくミラーレスシフトが続くでしょう。。

そういった中で発売されるこのレンズは、今後のペンタックスのレンズ交換式カメラが進む方向を示すものとなるのかもしれません。