キヤノンから高画素・高速ミラーレス機、EOS R5、R6登場へ

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R5 ボディー EOSR5-A

キヤノンが35mmフルサイズセンサー搭載、RFマウントのミラーレス一眼新機種を2機種一気に発表しました。高画素機のEOS R5と高感度を指向したと思われるR6です。

高画素機のR5のほうも高速機でもある所が最大のミソかもしれません。

従来は高画素機=連写は遅い、高速機=低画素または中庸画素、が常識でしたから、そのカメラの常識をぶち壊す一台とも言えます。

この2台に対しては多くのメディアが「いよいよキヤノン本気の」的な取り上げ方をしていましたが、個人的にはEOS Rもしっかりした作りのカメラだと思っていますのでちょっと受ける感触は違います。

ただまあ、今回発表された2機種がかなり突き抜けた性能・機能を実現してきましたので、このように捉えられるのもまあ致し方ないかな、とも思います。

ザックリとこの2機種の中身を見てみましょう。

EOS R5

まずは上位機種でキヤノンのRFマウントカメラのフラッグシップモデルとなるEOS R5です。

やはり最大の注目点は約4,500万画素の高画素センサー搭載にあるでしょうか。

画素数こそEOS 5Ds系に劣りますがローパスフィルターなどの工夫により、キヤノンはEOS史上最高の解像性能をうたいます。

また高画素機ながら高速機である所もこのカメラの凄さ。電子シャッター利用時には毎秒20コマの連写、メカシャッター連動でも12コマの高速連写が可能です。

またキヤノンのレンズ交換式カメラとしては初めてイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機能を内蔵し、5軸補正と最大8段もの補正効果を実現しています。

AFはキヤノン独自のセンサー、デュアルピクセル構造を活かして、遂に画面全体にAFポジションを配することに成功しています。人物や動物、瞳検出の精度も大幅に高めてきているようです。

動画も8K30P動画の撮影に対応。4K動画では120Pのハイフレームレートに対応しています。

これらの非常に大量のデータの記録に対応するため、EOS R5では超高速ストレージ、というよりは「モバイルSSD」と呼ぶほうが正しいようなメモリカードのCFexpressを採用しました。というよりは、採用せざるを得なかったのでしょう。

EVFも高解像度化されており、現在、EVF用に提供されるディスプレイパネルのハイエンド級のものを採用。背面液晶もバリアングル式でかなり高解像度のパネルを使っています。

などなど、とにかく新スペックを書き並べるだけで行数がいくらあっても足りないぐらいの高機能てんこ盛り状態のカメラになっています。

価格は税込み50万円コースとかなり高価ですが、それに十分見合う性能を備えたカメラと言えるでしょう。

発売は7月下旬予定。予約の殺到で供給不足が早くも告知されています。

EOS R6

こちらは画素数を今どきの35mmフルサイズ機としては「低画素」な約2,000万画級に抑えたスタンダード機のポジションです。

ですがそのセンサーはプロ用一眼レフの最新機種、EOS-1D X MarkIIIのセンサーをベースとしたものになっています。既に高い評価を集めつつあるセンサーですので、こちらも画質、高感度特性には期待できそうです。

EOS R6はR5よりもEVFや背面液晶パネルの画素数が少し抑えられていて、カメラ上部の液晶パネルも削除されています。

また外装パネルはポリカーボネート製で、そちらの面の高級感は少々、上位機種よりも劣ります。

ですが、中身の基本的方向性は完全に同じもの。

最高毎秒20コマの連写性能や、最大8段の補正を可能にするイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機能の搭載など、非常に高い性能を持つカメラに仕上がっています。

もちろんAF性能もR6と同等。非常に追従性の良いAFを搭載します。

高感度特性に関してはEOS R5が数段上でEOS-1D X MarkIIIと同レベルの強烈な高感度撮影能力を持ちます。

常用のISO感度の上限はなんとISO102400。拡張でISO204800相当までの使用が可能です。恐らくISO12800程度は普通に作品作りが可能でしょう。

低輝度のAFにも強く、最大EV-6.5まで対応可能です。

画素数が少ない分、高速機でもメモリカードには違いが設けられていて、カード単価が非常に高いCFexpressは採用されませんでした。比較的入手しやすいSDカードのUHS-II規格のダブルスロットが採用されています。

ユニークなものを含め多数のレンズも

EOS R5、R6と同時に複数のRFマウントレンズも発表されました。

中には800mm/F11なんて滅茶苦茶ユニークな製品もあります。EOS R5、R6がF22光束でのAFに対応したことから、このレンズでもx2エクステンダーが利用可能でなんと実焦点距離1600mmの撮影が比較的お手頃に可能になります。

レンズ開発も加速していて、キヤノンがこのジャンルでも本気でNo.1を目指す気合いを感じられる発表になっています。