手元のカメラをリモートワークに活かす。EOS Webcam Utility

新型コロナウィルスの流行でリモートワークが大きく注目され、実際に数多くの企業で大々的に実施されました。結果、第一波の流行のはじめにはパソコンに接続するWebカメラの在庫が払拭するなど、今までにはちょっと考えられない現象が発生したりもしました。

その後、流行は少しおさまっていたものの、ここに来てさらに大きな流行の波、第三波がやって来ているようです。これによりまたリモートワークの施行の拡大が図られるかもしれませんね。

このようなリモートワークの拡大の流れの中でちょっと注目を集めたユニークな試みがあります。それはデジタル一眼カメラを超々高画質のWebカメラとして活用するユーティリティソフトの登場です。

今では大型センサーを搭載するデジタル一眼レフ、ミラーレス一眼を製造する各メーカーが、自社製品をWebカメラ化するアプリを正式に公開するようになっています。

著者が使っているキヤノンのEOS 7D MarkIIもキヤノン謹製の「EOS Webcam Utility」を使ってWebカメラとして利用することが可能です。

今回はこの使い方をザックリまとめてみます。

キヤノン公式からダウンロード

EOS Webcam Utilityはキヤノンの公式サイトのダウンロードページから取ってくることが出来ます。今は日本語化も行なわれて正式版化されています。

キヤノンのデジカメユーザーにはおなじみのたどり方でダウンロードページまでたどり着くことが出来ます。

こちらのページからインストーラーを取ってきて実行してやるだけでOK。特別な設定も必要ありません。

使い方

お手元のEOSをWebカメラとして使う方法は特に何か設定が必要なわけでもなく、ビデオ通話を行うアプリのカメラの設定から「EOS Webcam Utility」をチョイスするだけでOKです。

あとはカメラをUSB3.0ケーブルでPCに接続。カメラの電源を入れてやればすぐに利用可能になります。デジタル一眼レフでも自動的にライブビューモードに切り替わるはずです。

ただし、パソコンにカメラの写真を取り込むためなどの目的でEOS Utilityをインストールしている場合、先にEOS Utilityが起動してカメラを捕まえますのでEOS Utilityを終了させましょう。

そうすることでEOS Webcam Utilityがカメラを使用できるようになります。

デジタル一眼カメラをWebカメラ化するメリット

実のところ「ただ顔が写ればいい」というだけならば、高画質なデジタル一眼カメラをWebカメラとして利用する意味はありません。

ですが実際に試してみると分りますが、得られる画質はもう本当に「桁が違う」としか表現できないほどの大きな差があります。

一般的なパソコン向けのWebカメラは使われているセンサーの解像度も低く画質自体もほとんどこだわりがない作りです。使用目的が元々違うのですから仕方がないものではあるのですが。

ではわざわざ高画質なカメラを使うメリットは何かと言いますと、一つ目としては感度の高さが上げられます。部屋の明かりを付けずデスクスタンド一発だけで仕事をしているような環境でも、デジタル一眼カメラなら余裕でハッキリとノイズレスな映像を映し出すことが出来ます。

ここは一般的なWebカメラと一番差が出る部分でしょう。

また、イメージセンサーが大きく明るいレンズを使うことが可能なので、背景などを大きくぼかすことが出来ます。ビデオ会議で背景にいらないものが映り込むのを抑えるために、背景に適当な壁紙を合成する機能が導入されたサービスが多いですが、デジタル一眼カメラを使えばその必要性も下がります。

勝手に背景がボケて見られたくないものが判別しにくくなりますからね。

あとは高画質なので従業員の健康管理的な面では管理者側にはちょっとメリットがあるかもしれません。

リモートワークからは離れますが、小さな病院と大きなセンター病院を結んでの遠隔診療にはこの仕組みを真っ先に導入した方がいいかもしれませんね。患者さんの問診で大きな威力を発揮しそうな気がします。

実用性を疑問視している方も、一度これ、試してみるといいと思いますよ。あまりの写りの差にまさに「驚愕」すると思います。

キヤノン以外でも同様のユーティリティは提供されていますし。