カメラのシャッタースピードって何のこと?

2017年12月2日

02

写真の撮影の情報の一つとして、シャッタースピードという項目があります。これ、名前には「スピード」という単語が使われていますが、速度の単位ではありません。

このこの項目の単位は「秒」。シャッタースピードは時間を表す言葉です。

今回はこのシャッタースピードについて少し説明してみます。

・シャッタ-スピードはシャッターが開いている時間のこと

シャッタースピードとはごくシンプルに言ってしまうと、シャッターが開いている時間のことを意味しています。

写真を撮る際にシャッターが開いている時間だけ、イメージセンサーに光が当たって、その時間分だけイメージセンサーが光をため込むことが出来ます。

シャッターが開いている時間が長い方がたくさん光をため込むことが出来るため、できあがりの写真が明るく写ります。逆にシャッターが開いてる時間が短くなるとため込める光の総量が減るために、できあがりが暗くなります。

これが、シャッターを使って写真の明るさをコントロールする原理です。

・速度の単位じゃないけど、速い・遅い、がある

シャッタースピードは、シャッターが開いている時間が短い場合には、「シャッタースピードが速い」と表現します。逆に、シャッターが開いている時間が長い時には、「シャッタースピードが遅い」という表現をします。

・メカシャッターと電子シャッター

一般的なカメラはメカシャッターという、機械的に光を通したり遮ったりすることの出来る仕組みを組み込んでいます。機械的に動作する仕組みのため、ある程度以上高速のシャッタースピードを実現することは難しくなっています。今のデジタル一眼レフカメラでは、1/8000秒程度のシャッタースピードが限界です。

その代わりメカシャッターを使うと、移動する被写体を撮影しても形がゆがむことがほとんどありません。スマートフォンのカメラで走っている電車を撮影してびっくりする方もいらっしゃると思いますが、あれは、スマートフォンにはメカシャッターがないため、やむを得ない現象だったりします。

では、そのスマートフォンはどうやってシャッターを切っているかというと、イメージセンサーの機能を使って、電子的に、かつ擬似的にシャッターを切ったのと同等の動作をさせています。イメージセンサーが光を取り込む時間を電子的に制御できるようになっているのです。

ただ、この機能がイメージセンサーの端から端まで動ききるのにある程度の時間を要するため、画面の上端と下端とでは、光を取り込むタイミングに時間差が出来てしまって、そのために動く被写体の形がゆがんでしまうのです。