プロっぽいふわっとぼける写真を撮りたいんだけど

2017年12月2日

10

人物写真などで、メインで写した人の前後がふわっとぼけていると立体感もあって、なんか「プロっぽい!」雰囲気が出たりしますよね。こういった雰囲気の写真を撮るには、どのようにしたらいいのでしょう。

今回はふわっとぼかす写真の撮り方、機材の選び方を簡単にまとめてみます。

・1つめにして一番重要な条件はイメージセンサーの大きさ

スマートフォンのカメラのイメージセンサーは1/3型とか1/2.3型、といわれるサイズのセンサーが使われています。また、普及型のコンパクトデジカメも1/2.3型のイメージセンサーを採用する機種が多いです。

高級型コンパクトデジカメのイメージセンサーでは1/1.7型とか1型といったイメージセンサー、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフでは、APS-C、35mmフルサイズ、などと言ったイメージセンサーが使われます。

これらの数字や記号は、全部イメージセンサーのサイズを表す記号になっています。

ぼけやすさの基本は、イメージセンサーの大きさが関わってきます。大きなイメージセンサーを採用するカメラほどぼけが大きくなります。

ですので、スマートフォンや普及型のコンパクトデジカメよりも、高級なコンパクトデジカメ、さらにミラーレス一眼やデジタル一眼レフの方がずっとぼけを使った写真を作りやすい、ということになります。

ぼけ具合をコントロールするためには絞りを使うことになるのですが、そもそもスマートフォンのカメラには絞りがなかったりしますから、残念ながらスマートフォンは、ぼけを使った写真にはもともと向いていないのです。

ですので、本格的にぼけを活かした写真を撮りたい場合には、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフを手に入れるのが近道、
ということになります。

・絞りとレンズでぼけの量をコントロール

まず絞りは絞り込むと(=F値が大きな方にセットする)、ぼけが小さくなる性質があります。ですので、ぼけを有効に使いたい場合には、ある程度絞りを開ける(=F値が小さくなる方にセットする)ことになります。

また、レンズの焦点距離が長くなるとぼけの量が多くなります。

実際の写真では、この二つをうまくバランスさせて望む量のぼけを作ってやることになります。

撮影の条件によっては、絞りを思い切り開けるとぼけすぎてしまって、いろいろ都合が悪いことも出てきたりもします。このため何度も撮影してみて、適当なぼかし具合を探っていくことになります。

今のデジタルカメラでしたら撮影した直後に撮影結果の確認が出来ますから、この機能を活かして、どんどんリトライするのがいい写真への近道ですね。

・被写体に思い切って近づく

スマートフォンやコンパクトデジカメでも、背景をぼかす方法はあります。それは、メインの被写体に思い切って近づくことです。そして、背景までの距離をある程度以上十分に取ること。

こうしてやれば、背景をある程度はぼかすことが出来るようになります。