撮影ノウハウ

人物写真などで、メインで写した人の前後がふわっとぼけていると立体感もあって、なんか「プロっぽい!」雰囲気が出たりしますよね。こういった雰囲気の写真を撮るには、どのようにしたらいいのでしょう。

今回はふわっとぼかす写真の撮り ...

撮影ノウハウ

望遠レンズというのはレンズの物理的な性質としては、広角レンズや標準レンズと言われるレンズよりも、焦点距離が長いレンズのことをさして言います。

では、焦点距離が長いレンズでは写真を撮る際に何がうれしいのでしょうか。望遠レンズ ...

カメラの仕組み

デジタルカメラ用の交換レンズには、「標準レンズ」と呼ばれるジャンルのレンズもあります。

いったい何が「標準」なのかちょっと気になるところですが、これは、レンズ交換式カメラのレンズの画角(写真に写り込む角度)の基準になるレン ...

カメラの仕組み

名が体を表しているのですが、「広角」と名前がつくとおりに、より広い範囲を写真に写し込めるレンズを「広角レンズ」と呼びます。

このタイプのレンズを使うと、風景をより広く画面に取り込んだ写真にしたり、自由に動き回ることが難しい ...

カメラの仕組み

デジタルカメラの目に当たるイメージセンサーは、非常に大きなICチップです。原理をごく単純にまとめてしまうと、表面に微細な(数ミクロン角)の太陽電池が規則的にびっしりと並んでいるようなものです。

これらの小さなたくさんの太陽 ...

カメラの仕組み

写真を撮ることにちょっとこだわり出すとこの言葉がちょくちょく登場すると思います。写真を撮るときの「露出」って何のことでしょう?

今回は写真に関する「露出」を少し説明してみます。

・いい写真のカギの一つはしっかり ...

カメラの仕組み

デジタルカメラでは「ISO感度」という言葉もよく出てきます。写真のデータを見ていくと必ずこの数字も出てきます。暗いところを撮影するときにはISO感度を上げて云々、といわれることもあるかと思います。

これはいったい何を意味す ...

カメラの仕組み

一般的なカメラには「絞り」と言われる機械的な仕組みが備わっています。絞りをごく簡単に説明すると、レンズを通過する光の量を減らす遮蔽板、ということになります。この仕組みをうまく利用して、写真の明るさをコントロールするのが本来の目的です。 ...

カメラの仕組み

写真の撮影の情報の一つとして、シャッタースピードという項目があります。これ、名前には「スピード」という単語が使われていますが、速度の単位ではありません。

このこの項目の単位は「秒」。シャッタースピードは時間を表す言葉です。 ...

カメラの仕組み

デジタルカメラが写真を作り上げるために必要ないくつかの重要なパーツが、カメラの中に存在しています。それらが適切に仕事をしてくれて初めて、パソコンやスマートフォンで見られる形の写真のデータができあがります。

デジタルカメラの ...